日本の会社っておかしくないですか?

Writer: admin Type: clarksre Date: 2019-01-06 00:00
日本の会社っておかしくないですか?うちの会社に限ってかもしれませんが、昇進の基準がありません。(あったとして非公開です。)当然、昇進試験もありません。上司の推薦のみです。よって上司に好かれれば昇進にするし、嫌われれば一生ヒラ。周りを見ると、別に仕事ができようができなくても関係なさそうです。始終、上司におべっかを使う人は直ぐに昇進しています。そう言う人に限って仕事はできません。仕事ができ、意見もはっきり言う人は逆に昇進していません。おそらく上司が間違っていることも言ってしまうのでしょう。そんな状況ですので、部下は働けど、上司は働かずの構造になっています。会社的には末端の部下が働けば、実は売上も利益もでますので、一見、問題は無さそうに思えますが、そもそもの舵取りが間違っていたりするので、無駄な努力をしている感も否めません。そんな私も下の方ですが管理職です。私は上司に全ては同調しないので、たぶん出世はできないでしょう。皆様のご感想をお聞かせください。また、皆様の会社はいかがですか?ご意見をよろしくお願い致します。共感した2###おかしいですか→おかしいでしょう。ただ、日本に限った話ではないですが。皆さんの会社はどうですか→ほぼ同じです。年功序列+気に入った人になります。年功序列でも気に入った人がいれば、そっちが優先されることもありますが。特に気に入りが居ないときは、年功序列になるようです。そして、女は女と言うだけで出世からは外されます。ナイス0
###年功序列なら素晴らしいと思います。私の会社は嫌われると昇給も無くなるので、新入社員と変わらない給料です。それでも辞めない人がたくさん居ます。
###矛盾!>仕事だけで毎日クタクタなので、一日中演技してたら余計に疲れてしまい、一日も持ちませんよ。 >そういう人に限って仕事はできません。>そんな状況ですので、部下は働けど、上司は働かずの構造になっています。仕事できない人が出世するのなら、疲れる事は無いでしょう?だからあなたの本来の悩みは、『始終、上司におべっかを使ってまで昇進することできません。』…となるのでは?秀吉が何故草履取りから大名になれたのか?上司に気に入って貰うことをしたからでは?今度は秀吉が三成を召し抱えるキッカケとなった「三杯の茶」。 https://raisondetre.jp/%E3%80%90%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B...ここで重要なのは「上司の器」。部下の視点だけでは無く上司の器によって、それ以後の重用や出世も変わってくる。バカ上司にバカな部下なら生産性は悪くなり優秀な部下も長続きせず、有能な上司なら格段に生産性や業績も良くなり、働きやすい環境や人間関係も構築される。いっときは我慢して【世渡り上手】に徹して、自分が出世した後に改革すれば良い。見ている所が狭い。上司では無く経営者を見て仕事すれば良い。そして満を持して出世してから、あなたが理想とする組織や評価システムを構築すれば。結局は、上に取り入れて貰う事だって能力のひとつ。もしあなたが営業マンだとして、お客さんは普通わがまま放題な人達ばかり。そのわがまま放題なお客さんを如何に手なづけるの?嫌なお客さんに下げたくも無い頭を下げ、謝りたくも無いお客さんにお詫びして。営業マンなんてそんな職業です。それを乗り切る営業マンは成績も良いし、それが出来ない営業マンは消えていく運命にある。世の中って、そんなもんじゃ無い?私もあなたのような経験もありましたが、出世して変えていきました。10年・20年掛けて。嫌なら辞めるか我慢するか、我慢した結果で改革するか?三択です。ナイス0
###会社なんてそんなもんだよ出世したければ、勤務時間中は演技と割り切るナイス0
###私の最初の会社は、その通りでした。上司におべっかをいったり、私的に役に立つ人が出世しました。二度目の会社は、大手メーカでした。そこでは、本当に仕事が出来る人が出世しました。しかし間違って、力が無いのに出世した人は、体を壊してなくなってしまいました。どちらも厳しいです。ナイス0
###それでもいいのでは?問題はそこではなく、そういう状況であっても会社を出ていくこともなく、社畜としてしがみつく体質の方では?評価がおかしく、不満があれば会社を辞めればいいのです。それを繰り返すことで、会社の評価が適正化していきます。この試行錯誤がないから、いつまでたってもその流れが変わりません。人材の流動化はそういう意味合いもあります。色々な考え方が流れ込んでくるから、洗練化されていく。それがなければその会社のよどみは継続していく。そして、それが当たり前になる。終身雇用は、これが弊害。メリットは安定化完全実力主義で、人材が流動化していればこういうことは維持できなくなる。優秀な人ほど簡単にやめていくので。評価の透明化を進めないと、会社を維持できない。ま、その横で労働者は安定を失うので、さあどうしますかとなる。ただ、いつまでも今の体制を維持できるほど日本はもう成長できない。実力主義へ向かうのは必然どこまでいくかは試行錯誤でしょう。ナイス0
###どこでも 一緒では ないですかなぜ あいつが 所長に 部長にと 思う事などは 誰でも 感じてしるでしょう。しかし 別に仕事ができようができないだけで 判断は するべきではないと思います。高校野球でもそうでしょう優秀な選手が キャプテンになることもあるでしょうが補欠の選手だって キャプテンで まとめる人も いるでしょう。所長になった人が どんな理由で 選ばれたかは 確かにわかりません。しかし いろんな人が いますので 貴方と見方が 違っている点で 優秀だったかも 知れません。その人を 選んだというより その人以外には 人がいなくて まだましか という事も あります。人事評価なんて 難しいです。適材適所なんて 夢の夢 優秀な人だけは 優先できますが 他の残りはベターな 方法しか 選択できません。その人を 動かせば 動かしたところの人を どうするかという事になりますからそもそも 給料やボーナスの 人事評価など どうやって 優劣を つけるか各項目で 点数を付けますが どう他の人と 差をつけるか至難の技です。だから 適度というか 適当という 評価になります。全員 5を つけるわけには 行きませんからいつも その時期になると 悩んだものです。ナイス0

 

TAG