大学不要論という話を聞きますが、将来的に大

Writer: admin Type: clarksre Date: 2019-01-13 00:00
大学不要論という話を聞きますが、将来的に大学卒だの高卒だの関係ない社会になるならば、社会基礎力を早く身につけ、中途半端に三流以下の大学に行かなくても良いと思っています。小学校受験をさせ何を考えているのですか?共感した2###今の社会、小学校レベルで仕事してるのは結構いるからねw今だってつまらない大学行くなら早く働いた方がいいに決まってる大学不要論と小学校受験を同時に考えるのは無理があるかも私立の小学校なら何でもて言う人もいるから、逆に言えば大学諦めてしまった可哀想な子も知ってる大学付属で高校までは出してやるって取引もあって、高卒で終わってる子も少なくないんですよwナイス0
###大学附属に限定した質問でしょうか?その場合、私はお呼びでない回答になってしまうかも。例えば、中学受験小の場合は、その後、御三家などに進学し、東大など、附属のない大学へ進学する子もいます。3流以下の大学になることはないかと。一方で、私立小〜高卒で終わる子もいますね。それでも、もし、私の子供が彼女・彼氏を連れてきた場合、公立中〜底辺高校出身もしくは中退の子を連れてきたら、ちょっと・・・というか、かなりこちらが出すハードルも高くせざるを得ないかと思います。最初は反対するだろうなと。しかし、私立小〜私立高校までの子の場合、そこまで相手の子を精査しないかも。結局は、Fラン大の子と、マーチ早慶以上の子を判断する会社と同じかもしれません。また、犯罪が蔓延してるような中学・高校出身の子と我が子を一緒にしたくないです。無論、その中にも真面目な生徒はゼロではないでしょうけど、朱に染まりまくった子やその家庭と関わりたくないです。私自身、出身の底辺中学で大変な目に合いましたし。正直、地元で子育てしたくありません。ナイス0
###人の考え方は、経験と知識が増えることで変わります。同じ年齢でも、それは一緒です。社会に適合する基礎力とは、どんな定義なのでしょう?子供がたくさんの経験値を積むことは、人格の形成にとって大いに役立ちます。そのためには、小学校高学年における自我の発達に大切な時期に、中学受験などで他の経験を積むことなく自我の確立をしてしまう方が、社会に出てからの適応力が劣ってしまうのではないかと思います。小学校受験対策は、中学受験などの数学や国語、英語の受験対策とは違います。小学校受験は、私立小学校側が思う、未就学の幼児が知っていて当然だと考えられる事柄を教えられる家庭なのか、教わって育ってきた子供なのかを見るための試験です。試験の内容からして、ただ勉強していると思っている、本当の小学校受験を知らない方々が想像しているものと、全く違います。社会に出てから大切になるのは、やるべきことを責任もって果たせる人間であるかどうかです。仕事を与えたら、ちゃんとやってくれるかどうかです。児童や生徒の本分である学業を、しっかりとやったかどうかの社会的な評価が大学卒であり、合格した大学の難易度です。私立小学校の大多数は、そう言った社会に出るための基礎の部分の育成を目的としています。決して大学受験だけを目的にして、教育を行っているわけではありません。私はそうはならないと思いますが、もしも仰るような大卒も高卒も関係のない世の中になるとしたら、幼少時より教育に感心を持ち、豊富な知識で教育を行う保護者の元で私立小学校に通い、学ぶことを当たり前に人間性や心の教育を大切に育てられたお子さん達は、きっと素晴らしい人材になるだろうと思います。ナイス1
###大学不要論・・・があるとしても、決して一般論にまではなっていないと思います。学歴で評価される割合は減っても、ある程度の指標としてはずっと利用されると思いますし、社会が変わるとしたら「学歴もあり、その上どういう社会基礎力を持っているか」を問われるということになるんじゃないでしょうかナイス0
###関係ない社会になるとしたらそれは相当後の話ですねー現段階ではまだまだ学歴社会ですよ嘘で塗り固められた志望理由書で唯一嘘がつけないのが出身大学なので大学みればその人がどのくらい頑張ってたか、能力があるかが秒でわかるのでナイス0

 

TAG