mac osのサポート期間について質問です。整備済

Writer: admin Type: clarksre Date: 2019-01-06 00:00
mac osのサポート期間について質問です。整備済みmacbookpro(2016.10モデル)を購入しました。(商品受け取り待ち)こちら、OSはHigh Sierra以上が実装されている事をAppleから確認できましたが、この場合のOSサポート期間はどうなるんでしょうか??ちなみに、AppleがOSサポート期間を非公表なのは認識しております。共感した0###1バージョンのサポート期間は実質的に3年前後。最初の1年のうちにマイナーアップデートまでされ、以後は2-3か月に1度ほどのセキュリティアップデート。10.13なら終了まであと2年弱ってところ。もちろん、それまでにAppleが方針を変えれば別だけど。ナイス0
###回答ありがとうございます。Appleの仕組みがよく分かっていないんですが、OSがHigh Sierraだった場合はMojaveにアップデートすれば、そこから2〜3年のOSサポートを受ける事ができる。Mojave以降のOSが公表された場合も同様。最終的には、公表されたOSが保有するPCのスペック上、アップデート出来ない場合、PC自体の買い替え検討が必要この理解で良いですかね?
###MACは最新のOSが基本の為アップデートしてればサポート継続。重くなったら買い替え。最新のOS非対応がサポート終わり出したモデル。iPhoneが3年MACが4年が位の商売です。ナイス0
###実質的に、OSのサポート期間という概念がありません。実勢としては、最新OSと一つ前までしかセキュリティアップデートを行なっていないと言われています。ですから、Mojaveの次が出たら、High Sierraのままではまずくなります。MojaveはMacBook Proについてはmid 2012以降が対応ですから当面は、Mojaveにすれば大丈夫という考え方でイケます。10.15がリリースされた時に、late 2016が対象になるかはわかりませんが十中八九対象になると考えていいはずです。セキュリティ上、最も短命になったIntel Macは、たぶん2012年リリースのMountain Lionとその前のLionの対象外となった記念すべき初代Intel Mac(Early 2006)で最新OSを使えなくなったのは発売のわずか4年後発売から6年後には、セキュリティアップデートを期待できなくなりました実際にアップデートが行われたかどうかはわかりませんがWikipediaでは、Lionは2012年10月4日が最終更新となっているようですですから、安直に考えて「mid 2016も2022年くらいまではイケるだろう」という考え方は成り立つと思います。Early 2006の場合は、2006年にリリースされたCoreそしてCore2のうち先に出た64bit 非対応のCore Duoを採用した結果、ほんの数カ月の差でmacOSの、32bit版廃止によって切り捨てられたという経緯がありました。そのくらい重大な革新は、それ以降は起きていないと思いますから恣意的に切り捨てようとしない限りは対応が続く期待ができます。ただ、最終的にはAppleの方針次第ですからWindows PCのように、最新のOSが10年前の機種でも使えるようなことは期待しないほうがいいでしょう。なお、11月にはmacOS,iOSに共通した、XNUの重大な脆弱性が発見され最新の2つ前にあたるSierraにも修正が施されています。重大な脆弱性による例外が、しょせん二つ前のOSまでですから三つ前のOSになったらあきらめるしか無いでしょう。なお、SierraとHigh Sierraの対象機種は同じですから使い続けられるMacの範囲としては変わりがありません。ただ、High SierraではAPFSが標準にして(起動用には)強制となっているのでAPFSを使わないという選択肢はSierraでなければできません。おそらくSierraにも修正が与えられた理由は、そのためのコストの小ささとAPFSの実績不足などを理由とした敬遠する業務ユーザーに対する配慮があったと考えられます。ナイス0
###>AppleがOSサポート期間を非公表なのは認識しております。>それを理解しているなら、「Appleがサポートを切るまで」となるのは聞くまでもないことだと思いますが。それとも何かしら別の意図があっての質問なのでしょうか?ナイス0

 

TAG