バッハ無伴奏バイオリンパルティータ第3番を練

Writer: admin Type: clarksre Date: 2019-01-06 00:00
バッハ無伴奏バイオリンパルティータ第3番を練習してます。しかし音程がなかなかね…経験者からの回答を希望してます。共感した0###何度質問されても同じです。ヤフー知恵袋にヴァイオリンを弾く者はおりません。まして、バッハの無伴奏をまともに弾ける者はおりません。ラジカセに自分のオンチギコギコを録音した物は、市販録音とは言いません。楽譜が読めない人は、演奏は出来ません。↓https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q112001335...ヤフー知恵袋では、デタラメ回答が出回っておりますので気を付けて下さい。ナイス0
###>経験者からの回答を希望してます。★私には全曲市販録音があります。多分、市販録音があるのは、知恵袋では私だけです。////違うアプローチで回答しましょう。経験則ですが、冒頭Eが合っていない人が大勢居ます。Eをフラジオで取って、その場所を押さえると、フラジオのEよりも高い音になるのですが、大体合っています。E線オクターブ上の正確なEは、E線2倍音よりも高く取るべきで、この加減は個性にも依り、非常に難しいものです。オクターブ伸張と呼ばれます。オクターブ伸張は、E線Dからありますから、D線との共鳴だけでDを取ると、Dは低くなり過ぎます。←小学校に入った頃に言葉でこのまま習います。CやCisは微妙で、E線H迄はピッタリの完全五度で構いません。ヴァイオリンの運指の基礎を学んで下さい。1の指はポジションそのものですから、狂うのは問題外です。其々のポジションでの4の指が大切なのです。ヴァイオリンの運指の基本は、4321を全部押さえておいて、4は、そのまま3は、4を離す2は、43を離す1は、432を離す0は、4321を離す其々の指の指板上空中待機が出来ていないと、速い運指が正確に出来ません。長調の音階は音の間隔が「全全半全全全半」になっていますよね。開放弦が主音だと、23の間が狭くなります。1の指が主音だと、34の間が狭くなります。2の指が主音だと、41の間が狭くなります。3の指が主音だと、12の間が狭くなります。4の指が主音だと、開放弦に準じます。下降音形で多く使います。確実に手の形で覚えます。音階練習をする時に、カール・フレッシュ等のスケールシステムでは、上行音形・下行音形になっていますよね。長年の指導経験で、下行音形から始めた方が上達が速い事が解っています。運指では、43214321321432142143214314321432この様に練習します。1の指を押さえた時に、43を同時に押さえます。速い音形では2の指はどうしても遅れるのですが、出来るだけ2の指も早く押さえます。次がアルペジオ、各種重音で、やはり、下行音形から練習した方が上達が早い事が解っています。音程の練習には刻む、という基本的手法があるのですが、DOWNでノンヴィブラート、UPでヴィブラート、その逆、という練習法があります。刻まずに弾く場合は、必ず、ノンヴィブラートで正確に弾ける様にしてから、ヴィブラートを掛ける様にして下さい。ヴァイオリンの調弦方法や音程の取り方等は、既に回答済みです。////以上、先生向け指導指南書に成っていますから、回答を先生に見せて、確認を取って下さい。ナイス0

 

TAG