減7和音は古典派においては最も響きが鋭い不協

Writer: admin Type: clarksre Date: 2019-01-06 00:00
減7和音は古典派においては最も響きが鋭い不協和音とされたそうですが、それは何故ですか?共感した0###減七の和音が古典派に於いてもっとも響きが鋭い不協和音とされていたかどうかは別として、転調に使われるというよりは、dimが元々持っている強烈な響きを利用して、恐怖のイメージを作り出している場合が多いのは確かです。大バッハやシューベルトがよく使っている印象はありますが、ベートーヴェンは、ここぞという時に必殺技的に使うので、普段は温存している感じがしますね。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###そうなんですか?誰が言ってましたか?理由はトライトーンが2つあるからでしょうもう一つそれより前の時代で使ってなかったからです。ナイス0
###>それは何故ですか?★古典調律では周波数倍音が複雑だからです。ナイス0

 

TAG