【水素社会】は実現すると思いますか?実現す

Writer: admin Type: clarksre Date: 2019-01-05 00:00
【水素社会】は実現すると思いますか?実現するとしたら、如何なる段階を経て実現しますか?実現しないとすれば、如何なる理由ですか?共感した0###間もなく実現します。ナイス0
###回答ありがとうございます!
###直ぐに実現すると、私は言い続けているのに、【水素社会】の実現性を否定する見解ばかりであり、大変に遺憾千万であります。回答、御苦労様でした。###水素は安価で大量に出来なければ水素社会なんか来ません。その方法は水を4000度以上に熱して水分解電気分解で電気を使ういずれもコストが高く、一番安い原発で作るなら高速増殖炉の高熱を利用するまでは電気がもったいない。従って高速増殖炉の高温運転での廃熱利用で作る水素生産目的で高温ガス炉を利用した冷却材のヘリウムの廃熱950℃を使用してヨウ素と硫酸を触媒にして2段階で水素を分離すると大量に安価に出来ます日本は高温ガス炉建設2030年度を目標にしていますが、既に中国は建設中です。中国は水素生産を目的とはしていないので、700℃以上の廃熱になるそうで、海水淡水化も目的とした高温ガス炉をサウジアラビアと覚書を締結したそうです。700℃でも温度を電力を使ってあげたらすぐに900℃以上は出来ますから中国から輸入すれば日本でも早めに水素生産が出来ると言う事になります次世代原子炉では高温の廃熱で水素生産はいずれも目標の一つとしています。バイオマスと組み合わせてアルコール各種、またアンモニアも生産できるでしょう。アンモニアはガソリンの代替燃料になりますが原発以外の電気ではコストが高すぎ普及は出来ません水素社会と言う名前の社会は来ません。水素を大量に安価に作るためには高温ガス炉か次世代原子炉の様に安い高熱を得られる原子力エネルギーが前提となるのです22世紀になれば核融合炉も実用化できるでしょう。そういう社会を水素社会とは呼びません。核融合も原子力エネルギーですナイス0
###水素ガスがかなり扱いにくいガスだからね。ものすごく軽いから、圧力かけてもボンベにちょっとしか入らない。分子が小さいから圧力かけても液化しない上、金属の原子の隙間から漏れるので長期保存にも向かない。エネルギー輸送ならLNGの方がずっと扱いやすいし、短期的な保管ならば電池の方がまだマシ。こんな扱いにくいガスをLNGからわざわざ作るとかありえない。ナイス0
###>実現するとしたら、如何なる段階を経て実現しますか?地産地消型のコミュニティではあり得る。こんな例が全国に散見できる。↓このエネルギー棟を開くと幾らか分かると思うが、テレビ東京の夜11時の放送で紹介された。https://www.kashiwanoha-smartcity.com/このような専門設備なら多量の水素を備蓄しておけば、長時間の発電が可能になる。ただし、テスラのように大型の蓄電池の方が有効でしょう。https://techable.jp/archives/60805>実現しないとすれば、如何なる理由ですか? いくつか理由がある。1.太陽光などで電気を作ったら、水の電気分解で水素を作り、高圧、低温にて備蓄しなければならないから設備費は巨額になる。2.専門の管理人が必要です。万が一、水素が漏れたら一般的な火災程度では済まない可能性が高い。大爆発、大事故につながるでしょう。3.1戸建ての個人住宅では費用がかかり過ぎる。水素の備蓄タンクだけでも高額で、水素の宅配にも費用がかかり過ぎるから、安くは供給できない。4.石油大手では電気自動車より水素電池自動車を進めたいとしているが、それは既存の全国にあるガソリンスタンドが水素ステーションとして生かされると思ってのことだが、EV車なら家庭や職場で簡単に充電できるから、消費者はEV車を選ぶでしょう。5.わざわざ、電気を使って水素を作り、再度、電気に利用するのはエネルギーのロスが多すぎて不合理としか言えない。ナイス0
###天然ガス改質法で水素を生産してる限り水素社会はありえない。タダみたいな電力が有り余っていれば電気分解法で水素作れるが、そんなことは原発使っても不可能なのは今や明らかなので水素に未来は無い。ナイス0

 

TAG