トロンボーンの出品について

Writer: admin Type: clarksre Date: 2019-01-05 00:00
トロンボーンの出品について岐阜市在住です。ヴィンテージのテナートロンボーンKING2B(Liberty)を所有しています。錆(緑青)がポツポツとあり、その部分を触るとザラつきがあるため、リラッカーの修理に出そうと考えています。そこで、①リラッカーのみで費用はどれくらいかかるのか。 古い楽器(おそらく1960年代くらい)なので、それが修理に影響するのか。②リラッカーで錆を完全に取り除き、元の状態に戻すことができるのか。について教えていただきたいです。①についてはリラッカー経験のある方が実際にどれ程の修理費がかかったのかを教えていただきたいです。よろしくお願いします。補足すみません、補足で、③岐阜もしくは愛知県内でおすすめの楽器修理屋も教えてください。共感した0###初めにリラッカー仕上げの作業手順を大まかに。(1)剥離剤でラッカーを剥離します。その際楽器は赤く変色します。(2)楽器表面のキズ取り、炭研ぎを行う工房も。仕上げにバフ掛けをして鏡面仕上げ。必要に応じて凹みや歪み、スライドの調整腐食箇所の修正や部品の交換をします。もちろんハンダ付けもチェックし必要であれば分解して組み立て直します。(3)洗浄(脱脂)を完璧に行い、目視チェックが合格であればラッカーを塗布し、焼き付けます。メーカーは静電塗装ですが、街の工房はスプレー塗装でしょう。(4)フェルトやコルク、スプリングなどを取り付けて完成。さて料金ですが、楽器の状態と作業内容(2)のクオリティー(仕上がりの質)と希望内容に大幅に変わります。テナートロンボーンなので概算で80000円位から150000円位でしょう。工房やメーカーにより料金に開きがありますし作業内容自体も考え方の違いで内容が違います。因みにリプレートは鏡面仕上げの必要がない(ピカピカにはします)ので前処理の工賃が多少安価です。見た目は、元通りに予算と技術力があればできます。音色は同じにはなりません。ラッカーの質も違いますし、磨けば管厚も変わります、ハンダの修正や腐食箇所の修正や交換などしたら元の状態にはならない事が想像できると思います。もし同じにできるなど安請け合いする所に依頼しないのが吉でしょう。ただし元と同じにならないと言っているのであって悪くなるとは言っていません、様子が変わると言っているのです。変わって様子が気にいるとは限らないのです。傾向として西の工房はリラッカーやリプレートの修理料金が安めな傾向で積極的に作業する印象があります。東は料金が高めでリラッカーやリプレートに消極的な気がします。静岡近辺は中間な感じです。十分にヴィンテージなので、見た目を気にするのではなく、音色や吹奏感を大切にしてみては。楽器を変えてしまうリスク(より気にいる楽器なる場合もありますが)を高額な修理料金を出してまでする必要があるか今一度考えてみては。もし楽器に不満ならオールドの2Bを手放して修理料金分があれば十分新しい楽器の足しにると思います。参考になれば良いのですが。ナイス0
###回答ありがとうございます。質問なのですが、特に錆が気になるのはスライド部分で、やはりスライドのリラッカーのみでも音質の変化は生じてしまうものなのでしょうか?
###ありがとうございました。今の楽器の音が好きなのでしっかり考えてから決断しようと思います。###↓知ってるとこはここぐらい。1回聞いてみてください。松田工房名古屋市中区千代田5-21-12松浦ビル1F052-241-6055http://matsuda-koubou.com管楽器修理工房 Atelier Kei愛知県名古屋市名東区高針台1−1301 ユーハウス高針1F052-704-3115https://www.egakkiya.com/mdata/detail.aspx?i=13563松栄楽器岐阜県岐阜市神田町1-8-3058-265-0481http://www.shoeidogakki.com/services/services_index/wind_repair/ナイス0

 

TAG